.

自動車の「全損」とは名称が示すとおり車の全部が故障してしまうこと、つまり走行が出来ないという状況の乗用車として役を果たせなくなった際に使いますが乗用車の保険における「全損」は多からず違う内容があったりします。

車の保険における乗用車が損害を受けた状況で〈全損と分損〉というように2つの状況に仕分けされ分損は修理費が保険金でおさまる場面を言い、その場合とは逆に〈全損〉とは修復費が補償金の額より高いことを言います。

普通、車の修理で【全損】というとエンジンに重大なダメージがあったり自動車のフレームが歪んでいたりして修復が不可能である為リユースか廃車と結論付けられるのが通常です。

しかしながら、自動車事故が起こって販売会社や自動車の保険屋さんがそのような修復の費用を見積もった状況で、どんなに見た目が綺麗で修理ができる時でも修理費が補償よりも大きければ何を目的として保険に入っているのか分からなくなるでしょう。

そのようなときには、《全損》と判断して愛車の所有権を車の保険屋さんに引き渡して補償金額を受けとることになっています。

当たり前ですがそれなりの期間乗り続けた車で愛着があり自費で修復して所持したいと思う人はいくらでも存在するので場合によっては自動車保険の会社と確認しあうといいのかもしれません。

また、自動車任意保険にはそういった場面を想定して車両全損時諸費用補償特約等《全損》の時のために特約ついている場合が多くたとえマイカーが【全損】なってしまっても購入の経費を一部負担してくれるサービスも存在したりします。

そして盗難にあった時の保険金の特約をつけていると盗まれてしまった愛車がどこかへいってしまった場合も『全損』と判断され補償金が払われるシステムになっているのです。