.

車に乗っている人でしたら知っていると思いますが自動車税というものを支払う義務があります。

そしてこれは手放す車買い取りの際に当たり前に戻ってくる税金なのです。

このことは少し実行してみたら直ぐに頭に入ってくると思いますが、でははじめから順に分かりやすく紹介したいと思いますちなみに補足するとすれば国産販売されているクルマのみに限らず外国の車などでも税金が還ってくることになります。

当然ですが自動車についてもそうですね。

自動車税というのはクルマを所有する人が支払う税で、この金額は車の排気量毎に決められています。

1リッターより低いのであれば29500円で1リッターから1.5リッターまでなら34500円になります。

その後は500cc刻みで5000円ずつ増加します。

これは4月1日時点のオーナーが今年度のお金を払う決まりです。

先払いになるということですので当然ですが車を引き取ってもらって、所有権を手放したケースは先払いした分のお金は戻ってくるということです。

自動車税というのは先払いで以後一年分の金額を納めますので、その年度内に自動車を引き取ってもらったときは新しい保有者が税金を納めなければいけないということです。

買取先が買取専門業者であれば、引き取り時に自分が支払いすぎた税金を返金してもらえます。

まとめると所有権を手放した時以降の税金は、新たな所有権を持った人が支払い義務を負います。

もし10月中に愛車を売却した際は、11月から来年3月の間までの払ったお金は還ってくるのです。

というのも前も述べた通り自動車税の場合は一年分を先に支払っているということからも明らかです。

ということは、売却者は買い取った相手に払いすぎた税金を返金してもらうということです。

個人的に愛車を売却する場合には、何気にこのような大事な事実を忘れている人がいますので忘れないようにしてください。

自動車税がクルマの売却で返金されるということを意外と知っている人が少ないからと言って、その事実を隠す業者もあるのです。

こちらから税金についての話題を出さなければ一切自動車税のことに触れないということもしばしば聞きます。

そのため自動車の買い取りを頼む際には、税金が返金されるのかどうかをチェックすることを忘れないようにしましょう。